2007年12月29日〜31日  2007年冬コミ コミックマーケット73




〜12月28日(前日)   12月29日(1日目)   12月30日(2日目)   12月31日(最終日)〜   おまけ(持ち物リスト)




コミケの準備



 まだ夏コミの後片付けも終わっていない8月末にJALの先得割引で12月末までの予約が始まった。
 ・・・つまり冬コミ旅の予約である。

 「冬コミまで4か月もあるってのに早すぎないか? 去年の年末は最大でも3か月先だったのに・・・」

 でも行きたい気持ちは満々なので予約した。 だが、今回予約できるのは12月末までで東京からの帰りの便は1月1日の予定なのだが、今年の年末年始の先得割引は去年の年末年始と違って12月29日から1月7日まで除外されているので、帰りは元日のバーゲン特割で予約することになる。
 でも、1月1日のバーゲン特割の先行予約が始まるのは10月20日以降で帰りの予約は約2か月後になるので、それまでは 「帰りの便がバーゲン特割でとれなかったらどうしよう・・・」 という不安が付きまとったりする。
 行きのチケットの予約を取った後、すぐに宿泊ホテルの手配をする。
 宿泊地はいつも通り神田で去年の経験から冬コミ期間中は夏コミでお世話になるカプセルホテルは年末休みになるのでユニゾ神田(旧 サンホテル神田)の予約をしようとホームページを見てみたら・・・割引プランでの12月29日泊の予約がすでに埋まっていた。
 通常価格ではまだ空室はあったが、割引プランよりも1泊で3000円も高いし、デジカメの充電などが自己責任のカプセルホテルより5000円も高いとなると、 「睡眠時間を犠牲にしてもカプセルホテルの方がいいんじゃねぇか?」 と思い、その時は空いていた12月30日泊のみを予約した。

 それから夏コミではカメラの装備やバッグについて考えさせられることがあり、それと次回からはコス撮影は一眼レフのみで行うことを決めたので、一眼レフ用バッテリーの急速充電器やフラッシュの影とり、ショルダータイプの(あまりカメラが入っているようには見えない)カメラバッグなどを購入した。

 神田のホテルを予約してから3週間ほど過ぎた9月下旬。
 ユニゾ神田のホームページを見ていたら、12月29日・30日の割引プランの空室があったのですぐに予約。
 この割引プランは連泊プランで29日だけ予約することができないので、30日に予約していたのをキャンセルして29・30日の連泊プランを予約。 連泊プランは30日に予約していた割引プランと1泊の料金は一緒で、30日の予約のキャンセル料も無かったので良かった・・・
 ただし、この陰には 「もしかしたらキャンセルがでるかもしれない・・・」 というわずかな望みのために毎日ホテルのホームページをチェックしていた努力もあったのだが。

 10月中旬、コミケ+となコスを一眼レフのみで戦い抜くために今使っているのと同じ2ギガのコンパクトフラッシュをもう1枚購入。
 本当はもっと早くに購入しても良かったのだが、価格.comを見ると値段が少しずつ下がっていたのでコンパクトフラッシュだけは購入を見合わせていた。

 10月末、いつもなら元日のバーゲン特割についてのメールがとっくに届いているのだが、それが一向に届かない。
 まさかと思ってJALのホームページを見たら、2008年の元日はバーゲン特割の設定がされていないことが分かったので、急いで格安チケット店で航空券を手配し、2万4000円くらいで購入できた。

 11月中旬、ふとSuicaの購入を思いつく。
 今までは普通にキップとりんかい線はパスネットを使っていた。 夏コミの頃まではPASMOを購入しようと思っていたが、Suicaでもほぼ同様に使えることが分かったので購入することにした。
 東京に着いてから購入するのは面倒かと思い、ヤフオクで落札した。

 12月下旬、札幌のイベントへ行くついでにコミケ73カタログと、コミケの屋外での撮影用に試しにNDフィルターを購入、他にもコミケ用の物を購入していく。
 それと冬コミで是非ともお会いしたいレイヤーさんが何人かいまして、それらの方々は過去にコミケで撮らせていただいた方々で何とかお会いしようとサイト・ブログ・mixiで冬コミでの予定を確認したりした。
 東京へ行く数日前からパソコンの不調でネットができない状態になったが、その時は普段ではまず行かないマンガ喫茶に行って確認していた。


12月28日 コミケ前日


 コミケ前日は今年の仕事納めで夜には忘年会もあるのだが、忘年会が終わるのが午後7時、忘年会の会場から空港行きのバスが停まるバス停まで歩いて4〜5分、そのバス停から空港行きのバスが出るのが7時07分・・・という絶妙なギリギリさ加減で空港へ向かい、最終便で東京へ。
 東京着は午後10時過ぎ。 外は結構なが降っている・・・
 今日宿泊するカプセルホテルは夏の時のホテルとは違って荷物を預かってくれないため、カプセルホテルに入る前に朝の準備の時に必要な荷物をモノレールでの移動中に用意しておいた。
 浜松町で山手線へ。 いつものことだが山手線の英語の車内アナウンスを聞くと、東京に来たなー・・・と感じる。
 午後11時頃、宿泊地の神田に到着した。
 ここで初めての体験となるSuicaチャージをする。 とりあえず2000円ほど入れておいた。
 その次に、明日の朝に荷物を入れておくためのコインロッカーをキープする。
 それから宿泊地のカプセルホテルに向かったら、そのカプセルホテルの目の前にコインロッカーがあった。
 駅のコインロッカーは300円、カプセルホテルの前の方は200円。 次の日への延長料金のことを計算すると、このまま駅のロッカーに入れておくよりも荷物を出してここに入れなおした方が安上がりなので、さっき入れた荷物を出してこちらへ入れなおす。
 そしてカプセルホテルに入るが、コインロッカーのことでバタバタしたのでもう寝る準備をしてしまった後に明日の朝ご飯を買っていなかったことに気付き、急いでまた着替えて雨の中をコンビニに朝ご飯を買いに走ったりもした。
 明日への準備を終えて寝ようとしたのが午前0時10分。 睡眠時間は3時間くらいしかないので飛行機の中で少し寝ておいたのは正解だったかも。




12月29日(1日目)へ