2005年12月29日〜30日  2005年冬コミ  コミックマーケット69




〜12月29日(1日目)    12月30日(最終日)    12月31日(後日)〜




12月28日(コミケ前日)



 12月28日、冬コミの前日の夜、午後8時過ぎの最終便で東京入りした。
 今までコミケなどで何度か東京に来ているが、夜に東京入りしたのは10年以上前に初めて東京へ行った時以来のことで、コミケで東京行くようになってからは初めてである。
 今までの経験からコミケ前日は緊張や期待でなかなか寝付けないので、飛行機の中で寝ようとしたが結局寝れなかった。
 飛行機を降りる頃になって、クラスJでは枕を借りれるという事が分かり、 「飛行機に乗る前にアップグレードしておけば良かったなぁ・・・」 と一人、悔しがっていた。

 羽田に着いたのが午後10時。 今晩は千葉県市川の兄の家に泊まるのだが、今日1泊だけで次の日からは前にも泊まった神田のホテルに宿泊するので、余分な荷物はホテル近くのコインロッカーに預け、コミケに持っていく荷物だけで兄の家に行くことにした。
 東京に着いてまず最初に向かったのは新橋。 ここでゆりかもめ線の駅に行き、りんかい線の 「パスネット」 を購入。 その後はJR新橋駅から神田に行き、ホテルの近くの路上コインロッカーに余分な荷物を預けて午後11時過ぎに市川に向かったのだが、電車内はコミケ並みに混雑していた。 市川到着は11時半、兄の家に着いたのは午後11時50分頃になっていた。
 兄との話も少なめに明日の準備をして2時前に就寝した。


コミケ 1日目


 2時に就寝したのに起きたのは午前3時50分。 最近は携帯のバイブ + アラームでもなかなか起きないのに、この時はバイブだけで一発で起きた。 それから朝ご飯を済ませて4時50分過ぎに出発。 兄の家に泊まるのが実に3年ぶりだったから、朝、何時に家を出れば電車の時間にちょうど良いのかをすっかり忘れていた自分は、とりあえず早目に出た。

 駅到着は4時57分頃、総武線快速の始発は5時05分、外が寒いこともあって少し急ぎ足で駅に向かったのだがとりあえず余裕だった。

  ・ 総武線快速のホームからちょっと歩いたところにある駅構内の案内。 京葉線のホームまでの距離が記されている
    山手線からだと総武線快速ほど距離はないものの、それでも400m以上はあるものと思われます


 5時05分の電車に乗り込み、東京駅着が5時23分。 それから京葉線のホームに早歩きで向かい、5時34分の京葉線に乗る。 10分後の5時44分に新木場駅へ、そこから5時51分のりんかい線に乗り、5時55分にビックサイトがある国際展示場駅に到着する。

 

  (左) 東京駅京葉線のホーム。 表示の5時34分の電車に乗る
  (右) 新木場駅のりんかい線ホーム。 表示の5時51分の電車でビッグサイトへ向かう

 

 (左) りんかい線の電車を降りた後のエスカレーター前の様子
 (右) エスカレーターを昇りきった後の改札付近の様子。 この時はまだそれほど酷くない

 

 (左) 中央側のエスカレーターで上がってくると直接改札の方へは行けず、平仮名の「の」の字のようにぐるりと回って改札へ向かう
 (右) 自分が改札へ向かった頃には改札付近は人でいっぱい


 いつもの大混雑する駅の改札を抜けて、午前6時06分に列に並ぶ。 E−3列である。

E−3列というのは、この頃、地上の待機列の先頭が待機する位置の地面の部分に 「E−○」 という表示がされていた。 有明ワシントンホテルと有明フロンティアビルの間の場所が 「E−1」 、その後ろの会議棟の方を向いて右端からE−2・E−3・E−4・・・と続いていく。(一応、この広場には 「E−10」 くらいまである)
 列から離れて買い物などに行く時、この数字が目印になるので列に戻る時に便利でとても良かったのだが、最近、コミケでこの表示が無くなったような・・・

 自分は外出しやすいように列の端の方で待機した。 携帯でビックサイトの象徴ともいえる会議棟を撮る人が多数いた。
 寒さしのぎに温かい飲み物でも・・・と思い、サンクスに。 で、自分が店内に入った午前6時45分、突然、サンクス店内が停電になった。 たぶん、ブレーカーが落ちたものだと思われるが2〜3分で復旧、それ以降は停電防止のために店内の照明を減らして節電モードで対応していた。

 

 (左) 寒さしのぎに向かった「サンクス」 店の前には入店待ちの列ができている
 (右) 店の外のテントでは肉まんなどの他に、マフラー・手袋・カイロが売られている

 

 (左) 停電直後の店内。 フラッシュを使用して撮影したので分かり辛いかもしれないが、かなり暗い状態だった。
 (右) 停電から復帰した後の節電モードの店内。 天井の蛍光灯を半分くらい消していた。


 午前7時過ぎにようやく太陽が顔を出し始める。 7時半頃になると太陽の光が充分に照らすようになり、太陽の光を浴びて少しでも暖まろうと立ち上がる人が増える。

 

 (左) 朝日に照らされて輝く有明ワシントンホテル
 (右) 朝日が昇ってきた。 自分も立ち上がって光を浴びる。 


 午前8時頃、一般入場の列はE−10にまで達する。
 その後、午前9時頃にはTFTビルの前にも一般入場の列ができる。

 

 (左) TFTビルのところに列ができる前に撮った列の表示。 ここでは頭文字が 「C」 になっている
 (右) それからしばらくして、TFTビルの前にできあがった列


 開場間近、自分は西館の屋上の方に向かう列に並ぶ。

  ・ 開場が近くなり、列が移動してやぐら橋の階段を上がっていくところ。 階段を全面使用している。


 午前10時の開場の時、会議棟の下を抜けて西館4階への屋外階段の前にいた。 開場のアナウンスと共に拍手が起こる。 この拍手は開場を今かと待ちわびた人の気持ちを表しているような気がする。 自分はすぐにコス広場に向かうが、コス広場は大部分が企業ブースの並ぶ列によって圧迫されていて、全体の10%程度しかない。 この圧迫度は夏コミの初日と同程度である。
 午前11時、広場が少し開放され、最初の2倍くらいの広さになった。
 12時半頃に広場の半分くらいまで開放されたが、結局、それ以上は開放されなかった。
 午後3時、コス広場終了。 この時点での広場開放率はコミケのたびに少しずつ下がってきているような気がする。
 それから企業ブースをちょっと覗いて、その後はビックサイトを出て駅前のロータリーへ向かう。

    

 (左) 駅前のロータリーでアキバエクスプレスの案内をしていた、着ぐるみのローゼンメイデンの真紅
 (右) 真紅はとても人気で、いろんな方が写真を撮っていました


 それから午後4時に昼ご飯(サンドイッチ1つ)を食べてからTFTビルの中を通り抜ける。

  ・ TFTビルの中央のフロアにはグリーンのシートが敷かれていて休憩できるようになっていた。
    なお、ここで今日買った同人誌などをチェックしている様子をよく見かけた。


 TFTビルを抜けてTFTホールとなりでコスプレ博へ。 ここでとなコス終了10分前の19時50分まで撮っていた。

  ・ TFTホールのテラスからみたお台場方面の夕焼け。


 その後は晩ご飯と明日の朝ご飯(合わせておにぎり6個)を買ってりんかい線の駅へ。

    
 

 (上段) 駅構内のコミケ仕様の巨大な吊り下げ広告
 (中段) 駅のホームの壁に貼られたポスターの数々
 (下段) エスカレーターのところにもポスターがたくさん


 電車を待っている間に晩ご飯(おにぎり3個)を食べ、大崎駅で山手線に乗り換えて神田へ。 昨日、コインロッカーに預けていた荷物を取り、21時にホテルへチェックイン。 それからマンガ喫茶へ行き、写真データをCDにバックアップした。
 CD作成作業は22時半に完了、それからホテルに戻ってデジカメのバッテリー充電のセットをして23時半に就寝した。




12月30日(最終日)へ