2001年 8月10日〜12日  2001年夏コミ  コミックマーケット60





コミケの準備


 この時の夏コミはかなり急に行くことを決めたような気がする。
 というのも、この頃はモー娘。にハマっていたのだが、コミケの1か月くらい前に東京のハロプロ店数店でスタンプラリーやゴミ拾い運動のようなことでモー娘。のサイン入り認定証や感謝状のようなものがもらえる・・・という話をテレビのニュースで見た。
 それからしばらくした8月の初め、良いように高まっていたモー娘。に対する気持ちを持ったまま札幌で開催のモー娘。展に行き、さらに気持ちが高まった自分はスタンプラリーが実施されている期間と去年の冬に行ってコス撮影に燃えたコミケの時期が重なる8月10日前後に東京行きを決意した。
 コミケ初日のおよそ1週間前のことである。
 かなり直前だったので飛行機のチケットは定価で購入、往復でおよそ7万円かかりました・・・


〜 8月 9日(前日)


 8月 8日。 コミケ + モー娘。旅で東京へ。
 午後1時過ぎに羽田に着き、秋葉原のコインロッカーに着替えなどの余分な荷物を入れて身軽にしてからハロプロのオフィシャルショップがあり、スタンプラリーの実施店である上野へ向かう。
 時間はかかりながらも、何とか店が入っているビルを発見し、店でいろいろなグッズを購入。
 そこから次のスタンプラリーを実施している代々木のハロプロ夏祭り開場へ。
 その後、歩いて渋谷へ行き、約15分で最後のスタンプラリー実施店であるハロプロ渋谷店がある「渋谷109−U」へ。
 こうしてスタンプラリー実施店を全て回り、スタンプラリー達成の認定証を手に入れた。
 でも、それからまた上野へ戻り、スタンプラリーの用紙を2枚手に入れた。 東京にいる間に2枚とも達成させてみせる。
 その後、市川の宿泊地へ向かい、東京の初日は終了。

 8月 9日、コミケ前日。 前回のコミケと同じように下見を兼ねてビックサイトへ。
 とりあえず去年の冬に行った場所を回ってみた。
 まず、前回の時に知り合った人が並んでいた東館の駐車場前に行ったけれど誰もいなかった。
 次に向かったのはコミケ対策が凄かったコンビニ「サンクス」
 店内の様子は前回と同じだが、店の外のテントでは冷たいものを入れておくケースを用意していた。
 ここで、知り合いと合流してお台場へ行き、夕方まで観光した後に再びビッグサイトへ。
 だが、前回の知り合いの人には結局合えず、明日の早朝から頑張ることにした。

 ・・・ちなみに、この時に有明西埠頭公園に行ったら徹夜目的と思われる人が200人くらいいた。
 「夏は冬より徹夜しやすい・・・」 ということを物語っている。


8月10日  夏コミ1日目


 10日、コミケ1日目。 少し早めに目が覚めて、朝4時45分に家を出て5時05分の総武線快速に乗る。
 途中、夏の暑さのためか人ゴミの中で妙な臭いがした。
 ビッグサイトに着いた自分は、今回、西館の方に並んでみる。
 「西館に並ぶ」 ということは前から決めていた訳ではなく、前日に前回の知り合いの人に会えなかったこともあり、 「前回が東館だから今回は西館」・・・というような安易な考えだったのだが。
 西館の方に並んでみて思ったのは、こちらは東館の方より日陰になる部分が多く、トイレやコンビニが近隣にあるので東館に比べてかなり快適といえる。
 列と列を仕切るのはカラーコーンなどでは無く、花壇や植え込みが仕切るための目印になっている。
 また、9時を過ぎても列整理を行う気配がなく、ギリギリまで列から外れていても大丈夫だったし。

 開場になって、コスプレ場に着いたのが10時15分
 最初は曇っていたが、写真を撮影し始めた頃から段々と晴れてきて地獄の始まりとなる。
 そして日差しと共に気温も上がり、人が増えて熱気が増したので水分をたくさん摂取したらちょいとバテ気味・・・
 日差しの強さに参り、ついには日焼け止めを使用。 途中、2回ほど塗り直したが、日焼けした後に日焼け止めを塗っても意味ないわな・・・

 前回同様に、コス広場閉場後に企業ブースへ寄る。
 そして、ビッグサイトを出てサンクスで昼ご飯を買いに行く途中、有明フロンティアビルの中を通ったらコミケで買った同人誌を読みふける人がたくさんいた。
 午後5時頃、りんかい線に乗るための行列が駅内では収まりきらず、駅の外に100mほど続いていた。
 自分はこの列に延々と並ぶのが嫌だったのでコミケ帰りは歩いてお台場へ向かい、少し時間をつぶしてからりんかい線で戻る。
 お台場に着いてからすぐに乗ると、コミケ帰りの人の波にぶつかってしまうからである。
 自分と同じくお台場辺りからりんかい線に乗っていたカップルは、その光景に目を丸くしていた。

 そうこうして宿泊地の市川へ戻った。 まだ初日ではあるが、とにかく疲れたので午後10時頃には寝てしまった。


8月11日  夏コミ2日目


 11日、夏コミ2日目。 4時15分起床とちょっと寝坊。 急いで身支度をして駅にはギリギリに着いた。
 昨日見た天気予報では降水確率50%だったが、雨は降っていないようだ。
 自分の待機場所に物を置いて、列から外れて休んでいた。
 休んでいる間、サンクスの店内に入ってみた。
 サンクスはコミケ前日に下見した通りレジを5台にして対応していたが、それでも各レジに10人くらいずつの列が簡単にできてしまう。
 それからも列から外れて建物の壁に寄りかかったりして休んだりしていたが、入場が近くなった9時頃に列へ戻った。

 10時に開場して、コスプレ場に着いたのは10時10分
 昨日と同様に写真を撮り始めたが、昨日も見たコスが結構いたことと早い時間から人がたくさんやってきて混み合ったので、あまりたくさん撮れなかった。
 2日目は 「昨日の疲れ」「その後の予定」 のため、昨日より少し早くビックサイトを出た。

 コミケの後はネットのオフ会のため、午後5時に待機していた新木場からオフ会会場の新宿へ。
 オフ会を終えて、市川に戻ったのは午後10時を過ぎていた。


8月12日  夏コミ3日目


 12日、コミケ最終日。 4時05分に起床し、昨日と同じように始発で向かう。
 だが、今日は最終日。 京葉線のホーム辺りからの人の量が昨日までと明らかに違う。
 京葉線の電車の中で、新木場に着く前から改札を抜けるためのキップを多くの人が用意を始める。 その数が初日・2日目に比べて断然多いのである。
 京葉線を降りた新木場駅ではこれまで以上の混雑。 さらにはパスネットの束を持った駅員が「キップを買わなくても乗れるパスネットもご利用下さい」と大声を張り上げていたりもした。 そして、下りの階段で転倒したのか流血した人もいた。
 そして、最終日の人の多さは国際展示場駅を出てビックサイトに並んだ時にも分かる。 3日間とも同じ時間にビッグサイトに並んだのだが、並んだ位置がこれまでの2日間よりも明らかに列が後ろになっている。

 会場に着いて、少しした6時半頃からが少しではあるが降り始めた。
 自分は雨を感じた時、待機場所に物を置いて早めに列を外れて屋根のある場所で雨宿りをする。
 自分と同じようにこの場所で雨宿りをしようとする人が続々と入ってきてこの場所が混雑する。
 その後は、降ったり止んだりしながら開場まで待つことになる。
 ここでギリギリくらいの午前9時頃までいて、それから列へ戻る。

 列が移動を開始。 進んでいくと、会議棟広場に雨に濡れたレジャーシートなどが捨てられていた。
 中に入ってしまえば、これらはただのジャマな物・・・ということである。

 開場して中に入ると、雨のために外のコスプレ広場が使えずに女子更衣室前に仮設された5m×10mくらいの場所が撮影スペースとなる。
 でも、あまりに狭いので1時間もしないうちにスペースはぎっちぎちになり、コスプレ広場でいうところの終了間際くらいの混み様になる。
 だから雨の日はコスプレを諦めるレイヤーさんも多いという。
 それから少ししたら雨が止んできたので外の方が少し開放される。 その後も少しずつ開放されていくものの、また雨が降ってきて屋内へ緊急避難するレイヤーさんもいたり・・・となかなか大変だった。
 こうして3日目が終わり、夏コミも閉幕した。

 コミケからの帰りは、今日もまたお台場方面へ向かってそこからりんかい線で帰るのだが、疲れていたので時間をつぶさずにりんかい線に乗った。
 その後、国際展示場駅でコミケ帰りの人の波が押し寄せたが、座席に座っていたのでなんとか助かった。
 午後7時頃には宿泊地の市川へ戻った。


8月13日〜(コミケ後日)


 コミケ後日の13日は、朝から原宿方面に出かけてハロプロショップ巡りしていた。
 ショップの原宿店では開店間もなくにもかかわらず、すでに店の外にまで長い行列ができていて買うのに30分ほどかかった。
 その後、代々木のハロプロ夏祭り会場にも行って、コミケ前に途中までだったスタンプラリーを達成して認定証をさらに2枚手に入れた。
 東京入り初日に手に入れたものと合わせて3枚になり、友人へのお土産もできた。
 それと、明日から発売開始となる写真・グッズがあることを知った。
 それからは秋葉原で買い物をしていた。

 14日。 釧路へ帰る日。 荷物をまとめて、まずは上野のハロプロ店へ。
 今日から販売開始の写真を買おうと、飛行機の時間よりもかなり早めに出て向かった。
 上野駅のコインロッカーに荷物を預けて、店へ着いた時は午前11時。
 だが、自分と同じ狙いの人がすでにたくさんいる・・・ 1人でたくさん購入する人などもいて、買うまでに40分ほど待たされた。
 それから急いで空港へ向かい、なんとか飛行機の時間には間に合った。
 釧路に戻り、写真を現像に出した。 その日の午後8時に現像が完了、その夜は写真の整理に追わることになった・・・